エンタメ

【私の家政夫ナギサさん】「タイトル」「第〇話」の演出まとめました!【最終話演出を更新しました!】

エンタメ

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の「タイトル」と「第〇話」の演出って凝ってて面白いですよね。まとめてみました!

第1話

横になったメイちゃん(多部未華子)が、足元にあった毛布を顔まで引き上げたシーン。その毛布に書いてありましたね。

「第1話」はタイムラプス映像で朝日とともに昇ってきました!ナギサさん(大森南朋)も登場して、物語がやっと本格的に始まるぞ!という感じでワクワクします。

第2話

ナギサさんをクローゼットに残してメイちゃんが出かける時に、ベッドルームの引き戸を閉めます。その引き戸にタイトルが書いてありました。

「第1話」では、横になったメイちゃんが顔まで引き上げた毛布でした。スライドイン方式という意味ではよく似た演出ですね。

「第2話」は、ナギサさんが閉じ込められたクローゼットの壁に現れました。朝日とともに昇ってきた「第1話」の解放感との対比が見事!

第3話

振り向いたメイちゃんが着ているデニムのエプロンのお腹のところに書いてありました。実はこれカメラワークがすごいんです!詳しくはコチラの記事で!

「第3話」は、メイちゃんのマンションの壁に現れました。うーん、ダイナミックさはあったけど、少し第2話の演出とかぶったような気もします。次回に期待!

第4話

田所さん(瀬戸康史)のシャツの背中にプリントされていました!これが実際にあったらかなり恥ずかしいですね。メイちゃん関係以外のところにタイトルロゴがあらわれたのは、今回が初めてでした。

「第4話」はメイちゃんの職場である天保山製薬・横浜支店のオフィスビルでした。「話」の「ごんべん」の入れ方をちょっと工夫しています。全体的にちょっと見えづらくしているのは意図的でしょうか?

第5話

なぎささんのバッグにプリントされていました。

「第5話」はメイちゃんのベッドでした。

第6話

タイトル演出は今回のが一番面白い!反転させたロゴが、コップに水を入れることで正しく読めるようになります!こういうのがもっとほしい!担当の人、よろしくお願いします!

「第6話」はメイの職場の透明なパーテーション。うーん、もう一工夫ほしい!

第7話

コップのお湯(?)をこぼしてしまったナギサさん。それを拭くためにメイちゃんが広げたふきんにプリントしてありました。これもちょっと面白いですね。

「第7話」は、メイの職場の屋上の芝生のところ。これももう一工夫ほしかったなーと思います。

第8話

ナギサさんのエプロンでした。エプロンはメイちゃんパターンもあったからなー・・・。

「第8話」はいろいろツッコミどころがあって好きです。まず、肥後先生(宮尾俊太郎)を振る瞬間というのがなんかいい。そして、なぜかオズの魔法使いを上映してるレストラン。すばらしい。

最終話

最終話のタイトルロゴは、メイちゃんの部屋のドアに掛かっていました。「最終話」の文字もその隣に出ています。

そして、最終話ラストには楽しい仕掛けが!!

「家」の文字が、ぽろっと落ちまして…

「政」も落下!そして…

「私の」と「夫」が、するするっと動いてきて、「私の夫ナギサさん」になりました!

メイちゃんとナギサさんが結婚するというラストには賛否両論あったようですが、このタイトル演出の仕掛けはとってもステキだなーと思いました!

『家政夫のナギサさん』紙書籍版

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】家政夫のナギサさん (1巻 全巻)
価格:879円(税込、送料別) (2020/7/19時点)


『家政夫のナギサさん』電子書籍版


小説『家政夫ナギサさん』電子書籍版


こっちもオススメ!
タイトルとURLをコピーしました