トレンド

英語圏でもジェンダーリビールに疑問の声が上がっています

トレンド
ジェンダーリビール問題の総論にあたる記事です。まずはこちらをご覧ください。この問題は今のところほとんど知られていません。拡散にご協力お願いします。

「ジェンダーリビール」は間違った言葉なのに、なぜ英語圏で使われるのか?

英語圏でも「ジェンダーリビール」は不適切な表現であると指摘されていることがわかりました

つまり、gender と sex の区別もついていない無知な英語話者が、gender reveal という不適切な英語表現を広めてしまったのです!

英語圏だから人権意識が進んでいるなんて大間違い!!

日本人の人権意識は遅れていて、英語圏は人権意識が進んでいるだろうというイメージを日本人は持ちがちですが、一概にそんなことはいえません。英語圏で gender reveal という誤った言葉が使われていることがなによりの証拠です。

gender reveal という言葉に問題がないかどうか精査せずに、海外で流行っているからといって安易に輸入してしまった「ジェンダーリビール」関係者の皆さんにも責任があります。

他の記事でも書きましたが、いずれジェンダーリビールは問題視され、炎上すると確信しています。関係各所のみなさまにおかれましては、早急に適切な対応を取られることを期待しています。

追記1 ジェンダーの押し付けに関しても、英語圏で問題視されています

楽しい交流でした(笑)

追記2 フランス語のツイートもありました

コメント

タイトルとURLをコピーしました